子供の体・心・頭を育てる遊び場!

「子供とお出かけするなら、心・体・頭をバランス良く伸ばせる場所に連れていきたい」
「親も子供も共に心から楽しめる遊び場に行きたい」
親なら誰もが一度は考えることです。

11004036023
スポンサーリンク



子供の成長に役立ち、しかも一日過ごせて楽しいおすすめの遊び場をご紹介します。

【からだ】高規格キャンプ場で朝から晩まで遊び放題!

現在20代~40代の親が子どもの頃のキャンプ場と言えば、
水洗トイレやシャワー設備がないなど、設備面で初心者には敬遠されがちなキャンプ場。

 

しかし、今では、トイレや温泉、コテージなどの施設が整い、
それでいて自然の中で生活を満喫する良さを残した高規格キャンプ場が多数登場。
キャンプ初心者でも、気軽にキャンプへ行ける機会が増えました。

遊具やアクティビティも充実している高規格キャンプ場は、まさに子どもにとっては遊びの宝庫。
夏ならハイキングに、川遊びに、アスレチック、昆虫採集など、朝から晩まで遊び放題です。
子どもの溢れるエネルギーを発散するには、最適な場所でしょう。
しかも、衛生的で安全性が高い高規格キャンプ場なら、親も安心してゆっくりできますね。

 

 

スポンサーリンク



キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原[栃木県]
子ども向けのイベントも多く、設備も衛生的。夏はじゃぶじゃぶ池で水遊びも。コテージ有り。

北軽井沢スウィートグラス[群馬県]
3万坪の広大な敷地に、一年中遊べるアクティビティや遊具が豊富です。施設も衛生的。コテージ有り。

モビリティパーク[静岡県]
じゃんぼ滑り台やカヌーなど自然を満喫できる多彩なアトラクション。展望風呂などの充実施設。

【こころ】お腹にも心にも嬉しい!野菜・果物狩り

日本には、四季それぞれに特色ある野菜や果物があります。
春といえば、春キャベツやたけのこ、夏といえばトマトやきゅうり、
秋といえばサツマイモや栗に梨、冬といえば白菜や小松菜ですね。

kari

科学技術の発展に伴い、大量生産できる品種や季節を気にせず育てられる品種も多くなりました。
しかし、季節ごとに旬な野菜や果物があること、食物を育てている人がいること、育てるプロセスを学ぶことは、
食物に対する感謝の心や好奇心を育むきっかけになります。

茄子を嫌いだった子が、自ら収穫したばかりの茄子をバーベキューで
実際に食べてみたところ、その美味しさに茄子嫌いが治った、という話もあります。

収穫仕立ての野菜や果物をその場で調理して食べられる味覚狩り場なら、
一日ゆっくり楽しめますね。

【あたま】知的好奇心に火をつける博物館・科学館・美術館

好奇心が旺盛な幼児期。知的好奇心を刺激するには、博物館・科学館・美術館がおすすめ。
美術鑑賞はちょっと・・・というファミリーは、
美術館の子ども向け体験型ワークショップなどへの参加してみては。
(参考サイト:「アーティスト×こども」) http://artists-children.net/event/

p4

知的分野の発達が進む小学校入学前の5~6歳頃になれば、物事や自然の理解が深まるため、博物館などでの興味関心もより高まります。
行く場所に関連する知識を本やインターネットなどで、事前に子どもと一緒にチェックしておけば、より楽しめますよ。

子供の力を伸ばす、遊び場えらびを!
せっかくの週末や長期休み。
子供の力を一歩伸ばせる場所へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ